ターゲットは感度の高いママ!
7500人の会員と店舗や企業を繋ぐ
赤ちゃん・子連れで楽しめる、「東京こども星★レストラン」編集長、今西敦子さんに話しを聞いた。
lifetalk_imanishi_pic1
ターゲットは感度の高いママ!
7500人の会員と店舗や企業を繋ぐ
赤ちゃん・子連れで楽しめる、「東京こども星★レストラン」編集長、今西敦子さんに話しを聞いた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ママの悩みを解消したかった

――今西さんが、「東京こども星★レストラン」のサイトを立ち上げられたキッカケを教えて頂けますか?

もともと、雰囲気のよいお店で食事をしたり、カフェでゆっくり過ごすことが好きだったんです。でも、子供を出産してからは、お店選びがとても大変でした。例えば、ベビーカー数台でランチをしようとしたら、お店で断られたり、落ち着いたカフェでお茶をしていたら、赤ちゃんが泣き出し、慌ててお店を出なくてはいけなかったり。オムツ替えをする場所がなくて困ったり…。子供を産んで、初めて気づくことが沢山ありました。

そんな時、「きっとこんな思いをしているママは多いんだろうな〜、、、だったら、私が、都内で赤ちゃんや子連れで入りやすいお店の情報をまとめ、ウェブサイトにしたら便利なんじゃないかな?」と閃いたのです。ちょうど第一子の子育て真っ最中でしたが、今やらないと意味がないと思って、すぐに赤ちゃんや子供と一緒に楽しめる東京のレストラン情報をまとめた「東京こども星★レストラン」のサイトを立ち上げました。

今西敦子2

立ち上げ当初は、レストランの情報を紹介するのだから、お店側も快く受け入れてくれると思っていたのにスムーズには行きませんでした。しかし、ここで諦められなかったので、まずはお店側の立場になって考えてみようと思い返したんです。このお店は、この時間なら電話してお話しができそうかもしれない、今度は来週辺りに相談してみよう等、少しずつ距離を近づけていく努力をしていきました。そして1軒、また1軒と掲載していただけるお店が増えてきたのです!

第二子が誕生した頃には、レストランや企業とイベントを企画したり、サイトの会員の生の声などを活かしたメニュー開発など、仕事の幅が広がっていきました。しかし、プライベートでは長男もまだ幼かったので2人の子育てに追われていましたね。。でもターゲットは私のような子育て中のママさんだし、今の私の目線が大切だと思い、時には子供と一緒にレストランの視察へ行き、ママ目線で仕事の切り口などを探っていきました。色々なレストランや企業のコンテンツが増えていったおかげで、今は会員数も7500名まで増加しました。

只今、デュアルライフ満喫中!

今西敦子4
(自宅のお庭でバーベキュー。子供たちが畑で育てた野菜は甘くてジューシー。)

――今西さんは、最近、平日は都内で働き、週末は田舎暮らしをスタートされたのですよね?

はい、去年東京都港区から山梨県へ引越をして、現在は富士吉田市に住んでいます。引越を決めたきっかけは、娘のアトピー性皮膚炎。少しでも空気の良いところで、娘の負担を軽減してあげようと思って。

平日、私は都内で仕事をし、金曜の夜に都内から高速バスで富士吉田へ戻り、月曜の朝、富士吉田から都内へ出勤をし、デュアルライフを満喫しています。主人はデザイナーをしているので、平日は自宅で仕事をしながら、子供の世話もお任せしています。家の前には畑があり、そこで色々な野菜を育てたりしています。この間は、娘がサンドイッチを食べたいと言い出したので、畑で育てていたサラダ菜とトマトを収穫してつくりました!おかげさまで、娘の体調もよく、自然に囲まれた生活を満喫しています。

今西敦子3
(自宅の畑でとれたサラダ菜とトマトでサンドイッチ)

――通勤は大変ではないのですか?

友人からも「通勤が大変じゃないの?」とよく聞かれるのですが、高速バスで片道2時間半。1週間で1往復しかしないので、通勤時間は週に5時間。もしかすると都内近郊で毎日通勤電車を利用している人と同じくらいじゃないですかね?都内で仕事をしている時と、富士吉田でのんびり過ごす時間のメリハリができて、私にはこのスタイルが合っていると感じています。

富士吉田の魅力を伝えていきたい

今西敦子5
(自宅から間近に見える富士山。)

――今の生活の魅力は?

やっぱり自然に囲まれた環境は、とても魅力的ですね。先日は「20年後の富士吉田の未来を考える」という集まりがあり、地元の人と日干しレンガとかまど作りを体験させてもらい、富士吉田産のラムと野菜でバーベキューをしてきました。参加された皆さんが、とてもアクティブでポジティブな考えを持たれているということに感動しました。そして改めて、富士吉田や富士山周辺の自然をもっと都会の方に伝えられるように、情報発信をしていきたいな〜と思っています。

今西敦子6
(“20年後の富士吉田の未来を考える”の集いで、バーベキュー。)

――今後のビジョンは?

ライフスタイルは今まで通り、デュアルライフを満喫していきます(笑)!仕事では、「東京こども星レストラン」を初め、ママ目線という切り口は変えずに、ビジネスの幅は、もっと広げていきたいですね。今の仕事は、大変なことも沢山あるし、辛いな、、、と思うこともあるけれど、最終的には楽しみながら仕事をしている自分がいるんです。ひとつのプロジェクトが完成したり、紹介したお店やサービスの反響が沢山あると、喜びがグンと増します!だから、どんなに大変でも、嫌だー、疲れたー、という気持ちにはあまりならず、早くこの仕事を片付けて、週末に子供たちと一緒に過ごすぞーという想いで頑張っています(笑)。

モノの所有にこだわらない

――今西さんにとってセンスのいい人とは?

ズバリ、モノの所有にこだわらない人ですかね?よく、自分が所有しているもので、自分を大きく見せる人もいますよね。ブランド品も、ご自身に合っていればいいのですが、ブランドだから、高級だから、という理由で身につけているのは、とても残念に思ってしまいます。

センスのいい人って、自分自身に自信を持っている人なのではないかな?と私は思います。自分に本当によいものを選別できるセンスを持っている人。そんな人に出会うと、素敵だなって思います。

(にしのゆか)

プロフィール
1978年生まれ。大阪外国語大学卒。都内・横浜で子連れで行けるおしゃれなカフェ・レストランをママ目線で紹介する情報サイト「東京こども星★レストラン」を運営する株式会社ai代表取締役兼編集長。
首都圏在住の感度の高いママを中心に支持されており、7500人以上の会員が登録。2011年キッズデザイン賞受賞。
ママと子どもに優しい都内の飲食店・美容院取材は200店舗以上。現場主義を信条に、掲載前には必ず現地におもむき取材した上で掲載している。
サイト編集のほか、キッズメニュー開発や、食育セミナーの開催、店舗でのプロモーション、大小親子イベントの企画・運営・集客を行う。
2014年夏からは東京と山梨のデュアルライフをスタートさせた5歳、3歳の2児の母。2015年7月、日経新聞「東京⇄地方出稼ぎママ奮闘」にて、デュアルライフが紹介された。また、2015年9月より保育・ベビーシッター・介護関連のスターメッドグループ株式会社の経営企画にも参画。
http://www.kodomoboshi.com/
この記事をシェアする