マネジャー・経営募集
目の前にある想いに耳を傾ける
勉強する大人を応援する「勉強カフェ」店舗マネジャー
8ec888164163d75741eb4c561aadd8c6
マネジャー・経営募集
目の前にある想いに耳を傾ける
勉強する大人を応援する「勉強カフェ」店舗マネジャー
株式会社ブックマークス
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

想いを言葉にする。

誰かがそばで、自分の想いに真剣に耳をかたむけてくれる。
そんなとき、自分の本当の気持ちを言葉にできることがある。そして、自分が本当に望んでいることに気づいていく。

そうやって、自分の想いを言葉にして夢に向かって努力することを、応援する場所。
それが、株式会社ブックマークスが運営する「勉強カフェ」。
現在は首都圏で8店舗、それ以外に全国で9店舗の、全17店舗。

ブックマークス9

今回は、そんな勉強カフェの店舗を運営するマネジャー(店長職)の募集。

目の前の人が、本当に自分のやりたいことに気づいていき、そこに向かっていくことを応援する場をつくっていくためには、まずは働いている自分たちの想いに耳をかたむけることが大切。

言うは易し、行うは難し。
でも、この会社でなら、そんな働き方をできる気がします。

少しでも興味を持った方は、読んでみてください。

目の前の人に一番いいと思うことをやっていく。

新宿駅南口から徒歩5分ほどのビルの1フロア。
ドアを開けると、真剣に勉強している大人たちの背中が並んでいます。

ブックマークス6

今年の6月に新しくオープンした、勉強カフェ新宿スタジオ。
迎えてくれたのは、ゼネラルマネジャーの相馬裕貴(ソウマ ヒロキ)さん。

ブックマークス1

ゼネラルマネジャーは、全国各地で展開する勉強カフェの運営を統括するポジション。
各店舗からオペレーションの質問や相談を受け、現場をスムーズに運営できるようにサポートしています。

高校卒業後、広島でSE(システムエンジニア)として働いていた相馬さん。
どんな経緯でブックマークスに?

「勤めていた会社で新人研修を担当していて、新人の方が理解できたときにぱっと嬉しそうな顔をするんですね。その顔を見て、すごくやりがいを感じて。」

そこから教育に興味を持ち始めた相馬さんは、教員や教員を志す学生が集うイベントに参加するようになった。
ただ、人脈や視点を広げていく中で、教育の現場に疑問を持ちはじめたという。

「人と関わる中で自分が何をしたいのかを見つめて、“生きる力”を身につけることこそ教育において重要なんじゃないかな、と考えていたんです。でも実際は、そこに注力できないくらい業務に追われていたり、学校という組織の中で実現できなかったりもしていて。」

その後、結婚のために上京したタイミングで、勉強カフェのホームページを見つけた。

アルバイトとして半年間働いてみて、「ミッションに誠実に向き合っている会社だな」と思い、もっとコミットするために社員になった相馬さん。

ミッションに向き合っている、とはどういうことなのでしょう?

「私たちのミッションは「学びを通じて幸せになる大人を増やす」、のテーマで会社が成り立っています。でも、ミッションとして掲げていることがいいことでも実際は……、ってことがよくあったりしますよね。」

「私たちは会員制のビジネスなので、その会員さまの数を増やさないと当然成り立たないんですけど、目の前の会員さまに対してそれぞれが思う一番いいことをやっていくことを数字よりも大切にする社風なんです。そのピュアな想いが会社全体に浸透しているなんて、すごく珍しい会社だなと思ったのが、入社した理由として大きかったですね。」

会社として経営していくには、収益も考えなければいけない。
それでもまずは、目の前の人に対して一番いいと思うことを続けていく。

「そうやって目の前の方の役に立つことで、結果的に評価されて、仕事として成り立っていくと考えています。こういうことを嘘偽りなくしゃべれるのは、ここで働いていて本当によかったなぁ、と思うところです(笑)。」

ブックマークス5

次にお話を聞いたのは、新宿スタジオのマネジャー、堀川美紀(ホリカワ ミキ)さん。
今回募集しているマネジャー職で、2年ほど仕事をしている。

ブックマークス2

もともとは洋服のデザイナーになろうと思い、美術大学のファッション科に進学。
卒業後はアパレル系の会社に就職。しかし、働く中でさまざまな矛盾を感じ始めたんだそう。

「大量生産のメーカーで企画・営業をやっていたんですけど、一生懸命つくったものがセールではタダ同然で売られていたり、最初から不良品を想定して発注しなきゃいけなかったり。エコって言っているのにナンセンスだな、と感じていました。あとは、モノをつくる業界にいるのに自分で実際につくった経験がなくて。現場ではみんな一生懸命手縫いしているのに、その作業に関わっていない自分が捨てたり値段を下げたりしなきゃいけない、それが悲しい。そんな大量生産のラインに関わっている中で、アパレルやめたいなと思い始めました。」

もともと本が好きなことから図書館をつくりたい、と思った堀川さん。
会員制の図書館の運営を夢見る中で、似たような仕組みの場所を探していたときに出会ったのが勉強カフェ。
会員制の図書館をつくるためのノウハウを勉強したいです、と言って入社したのが、2年前。

入ってみてどうでしたか?

「楽しいですね。会員さまにも、仕事をしていて楽しそうですね、って言われるんですよ。これまで働いてきた中で初めて言われました。それに、エンドユーザーである会員さまと毎日接することができるので、喜んでいる顔を直接見られることが嬉しいですね。」

ブックマークス4

今回は、勉強カフェの一店舗を任せられるマネジャーの募集。
マネジャーの仕事の中身は、どんな内容ですか?

「一番大事なことは、会員さまの対応と見学の方の対応です。あとは、クリンリネス。店内を清潔に保ち、あるべきものをあるべき場所に整えること。他にも、備品管理や事務処理をおこないます」

「あとは、勉強カフェでは多くのイベントを開催していて、イベントを主催したい会員さまとの打ち合わせ、会員さまどうしの交流会の企画・運営も、マネジャーの仕事です。」

他にも経理やアルバイトスタッフのマネジメントなど、店舗に関わる業務はマネジャーが担う。
幅広い業務をこなす必要があるが、それでも「苦痛はない」と語る堀川さん。
むしろ、楽しそうに仕事をしている。その秘密はどこにあるのでしょう?

クレドルーティンで想いを言葉に

そのヒントかもしれない習慣が、このブックマークスにはありました。

それは、「クレドルーティン」。

「クレド」とは、ラテン語で「志」「信条」を意味する言葉。
企業活動においては「基本理念、行動理念、企業理念の3つからなる経営理念」を指します。

その「クレド」を使った「クレドルーティン」とは、どのようなものなんですか?

「クレドルーティンしよう! と声をかけて、クレドに書かれていることについて、あなただったらどう考えている? 私はこう思う、って語りあうんです。」

ブックマークス3

「今まで私が働いてきた会社にはビジョンがなかった、それがやめた理由の一つです。だから、こうやってビジョンが明記されているクレドがあるってすごくいいなぁ、って思いましたね。そして、これを共有できるならどんな進み方でもいいってことじゃないかな、と考えています。」

どんな進み方でもいい、とは?

「ビジョンを目指すためなら、徒歩で向かおうが船に乗ろうが、何を使ってもいい。例えイレギュラーなことがおこっても、「今自分がやろうとしていることは、ミッションである“学びを通じて幸せになる大人を増やす”ことにつながっているのかどうか」と、立ち止まって自分で考えることができる。そんな道しるべがあると、すごく働きやすいです。」

最初は自分の想いをうまく言葉にできなかったスタッフも、クレドルーティンをとおして、楽しかったことや感動したこと、想いを言葉にできるようになっていく。

「そんな変化が嬉しい」と、堀川さんは語る。

ブックマークス7

クレドルーティン。

一緒に働いている社員・スタッフどうしが、互いの想いに耳をかたむけるひととき。
この習慣によって、それぞれがどんどんチャレンジし、自由に働けるようになっていく。
だからこそ、クレドルーティンを社員ミーティングでも毎回実施していて、一人ひとりクレドに対する想いを共有している。
もちろん、新しく入った社員とも何度も繰り返していくという。

学びを通じて幸せになる大人を増やす

クレドを元に自分の想いを語り、相手の想いに耳をかたむける仕組みがあるブックマークス。
ここで一緒に働くなら、どんな人がいいでしょうか?

まずは、相馬さん。

「ミッションに深く共感できるほうがいいんじゃないかな、と思いますね。“学びを通じて幸せになる大人を増やす”ミッションにちょっとでも疑問を感じていたら、キツイかもしれません。」

「求めるスキルは特にありません。ただ、本気で人を大事にしようとしている会社だからこそ、安易に人を採用しないんです。何ができる・できないよりも、共感して私たちと同じバスに乗ってくれる人を、ぼくらはしっかり選んでいきたいなぁ、と思います。」

次に、堀川さん。

「特定のスキルというより、いろんなことを経験してきた人のほうがいいかもしれません。この会社では今ここにないものを自分でつくっていけるので、今この部分足りないよな、とか、自分のスキル・経験をこれにいかせるかもしれないな、って思うことにもチャレンジさせてもらえます。そうやって自分で道を切り開けるところが面白いなぁ、と思っています。」

ミッションに共感して、目の前の人にとっていいと思うことを行動にできる人。
そして、その目の前にいる人が会員さまでも一緒に働く仲間でも、同じようにていねいに耳をかたむけることのできる人。
そんな人が、ブックマークスで求められているのかもしれません。

最後に、相馬さん。

「一緒に働く社員のことを心から応援していきたい。だから、チームの中で応援しつつされつつ、自分も成長していきたいと考えている人にとっては、すごく恵まれた環境なんじゃないかなぁと思いますね。足りないものは自分でつくっちゃう、くらいの気合い、ぼくらも大歓迎です。」

こうしてまた一つ、目の前の人の想いに耳をかたむける場が増えていく。
ブックマークスで、そんな場所を一緒につくっていきませんか?

(2015/11/17 中岡晃也)

募集要項
活躍してほしい(仕事内容)
『勉強カフェ』の運営業務 まずはアシスタントマネジャーとして業務を習得、経験を積みマネジャーに昇格頂きます。
その後は個人面談を通じ、あなたの長所を活かせるキャリアアップも可能です。
詳しい仕事内容はこちらのURLから見れます:http://recruit.bookmarks.co.jp/index.html#feature
こんな方を歓迎
・頑張る大人を応援したい方
・当社のミッション「学びを通じて幸せになる大人を増やす」やクレドに共感いただける方
・ 勉強カフェで、コミュニティを創る側に立ってみたい方
・サービス業未経験でも大丈夫です。勉強カフェで働いてみるのなんだか面白そう! と思った方、まずはお気軽にご連絡ください。
必須スキル
人柄を重視しており、専門的なスキルは必要ありません。PCのスキルはブランドタッチができれば問題なしです。
上記とは関係ないですが、喫煙者の方の採用は恐れ入りますが遠慮させて頂いております。
雇用区分
正社員(中途)、その他・アルバイト
勤務地
東京
給与・年収
正社員:月給20万円~(基本給)+手当別途
限定正社員:月給17万6000円〜(基本給)+手当別途
短時間正社員:労働時間に準じます。

※基本給は経験を考慮の上、決定致します。
昇給・賞与
等級・号俸の昇格に伴うベースアップは正社員のペースが上回ります。
休日
週休2日制
保険
健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
求職者へのメッセージ
働き方も多様になってきています。既成概念に縛られず、自分の理想的なライフスタイルをどうすれば構築できるか、一緒に探っていければ嬉しく思います。
身近な人を応援することにやり甲斐を感じる方、自ら主体的に動ける方、社会貢献性の高い働き方を求めている方は特にオススメです。
本社所在地
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-26-7 第12FMGビル 3F
設立年月日
2008年8月
代表者
山村宙史
事業内容
株式会社ブックマークスは日本で初となる、自習室のコミュニティ要素を加えた「勉強カフェ®」を東京を中心に全国各地に展開しています。
関連リンク
受付は終了しています
この記事をシェアする
会社概要
株式会社ブックマークス
株式会社ブックマークスは日本で初となる、自習室のコミュニティ要素を加えた「勉強カフェ®」を東京を中心に全国各地に展開しています。
従業員数
平均年齢
この記事をシェアする
株式会社ブックマークス
株式会社ブックマークスは日本で初となる、自習室のコミュニティ要素を加えた「勉強カフェ®」を東京を中心に全国各地に展開しています。
従業員数 /平均年齢
株式会社ブックマークス
株式会社ブックマークスは日本で初となる、自習室のコミュニティ要素を加えた「勉強カフェ®」を東京を中心に全国各地に展開しています。
従業員数 /平均年齢