エンジニア募集
未来のライフスタイルを実装する
“つながり”でファッションを楽しくするエンジニア
4b899fa4f282cc7ae5f5beacadb1ab611
エンジニア募集
未来のライフスタイルを実装する
“つながり”でファッションを楽しくするエンジニア
スタイラー株式会社
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

食品や日用品、本、雑貨、家具…

ECサービスが充実し、欲しいものはほとんどネット注文で手に入る現代。

まだまだ店頭での接客販売が中心なのは、洋服などのファッション分野。そんななかで、新しいサービスが立ち上がりました。

ユーザーとリアル店舗をつなぐコミュニケーションプラットフォームの「STYLER(スタイラー)」です。

スタイラー8

ユーザーが「春先で着るジャケットを探している」などと商品イメージをサイトに投稿すると、登録している複数のショップから商品の提案を受けられるという仕組み。
商品が気に入れば、ECや実際に店舗を訪れて購入することもできます。

今回はこの新サービスを支えるエンジニアを募集します。

サービスを提供するのは今年3月に設立したばかりのベンチャー企業「STYLER」。
2015年7月にβ版をローンチし、11月にはiOSのアプリ版の提供を控えています。

ファッションの購買体験を刷新する

オフィスがあるのは渋谷区神宮前。

おしゃれの発信地・表参道にも徒歩でいける距離にあります。常に流行に敏感な、ファッション分野でのスタートアップということで、この地を選んだそうです。

迎えてくれたのは代表の小関翼(コセキ ツバサ)さん。

スタイラー5

新卒で日本の大手銀行に入行。その後、イギリスのメガバンクや大手EC事業者Amazonで事業開発などを担当しました。Amazon勤務時代に、インターネット上で取引をされるアイテムに偏りがあることを実感し、「これを何とかできないか」と考えていたそうです。

最初に設立のきっかけを伺いました。

「服を買うときって、だいたい店員さんとコミュニケーションをとることが多いですよね。僕たちは、なんとなく『こういうジャケットがほしい』と相談して、『だったらこれがいいですよ』とか提案されながら商品を決めていく。そういうユーザー体験は、いまのところウェブでできていないんです」

この課題を解消しようと始めたサービスがSTYLER。

オフラインでの購買体験が長い間変わっていないことへ疑問が事業を考え始めた出発点。
理由をリサーチしてみると、ファッション業界にはウェブに対して苦手意識がある方が多かったからなのだそう。一方、ウェブを扱うテクノロジー企業側もファッションへの知識が乏しく、両分野ともに得意なプレイヤーがいなかったんだとか。「だったら、ファッション好きな我々がそれを変えよう」と動いたのが小関さん率いるSTYLERプロジェクトです。

STYLERが目指しているのは、ファッションにおけるコミュニケーションのハードルを下げて業界を活性化させること。小関さんが日頃から感じていたのは、ユーザー側が商品の情報摂取に困っていることだったのです。

服の消費行動を考えてみると、買い手と売り手の間の情報格差が大きいことがわかります。
売り手であるショップ店員の方が圧倒的に情報を持っている。素材、サイズ、機能などなど。買い手としていろいろと相談したいニーズは高いが、「店員さんとコミュニケーションをとることが苦手」など、なかなかうまくいっていない現状があった。

確かに、おしゃれな店であればあるほど入りにくいし、店員さんに声を掛けづらい。
その点からすると、SNSに相談内容を1行書くだけでいろんなショップから商品を提案してもらえる、STYLERは気楽にファッションとつながれるシステムです。

スタイラー7

「私たちのサービスは、コミュニケーションサービスです。LINEやFacebookに近いので、iOSやAndroidのアプリとの親和性が高い。これが本番となるので、最近はiOSアプリをローンチするために結構開発が進んでいます」。

これからサービス提供が本格化していくところで、一緒に新しいコミュニケーションプラットフォームを開発してくれる人を探しています。

次に今年9月に入社したウェブデザイナーの小嶋和人(コジマ カズト)さんにお話をお伺いします。入社して1ヶ月経たないうちから、アプリ開発など目まぐるしく活躍しているんだそう。

スタイラー3

まずは、入社の経緯から。

「前職ではコクリエイション、ユーザーとメーカーが一緒に商品開発するようなサービス開発を手がけていました。そこで3年働いてみて、自分なりに限界を感じました。そこで気持ちを切り替えようと、今年5月に会社を辞めたんです」

次の仕事を決めずに、とりあえず会社を辞め、そこから3ヶ月ほどはフリーで仕事をしたり、兄がいる海外で一緒に働き、8月末に帰国。
実は、前職でファッションに関わるサービスの立ち上げ経験もあったという小嶋さん。「ファッション×テクノロジー」という分野に、もともと関心はあったのだそう。

帰国後、本格的に定職を探していたところでWantedlyを通して、STYLERに出会った。

早速、会社ページにブックマークをつけた。このときは“興味がある程度”の関心。

すると、突然、小関さんの方から、「一度お話ししませんか」とメッセージが来て、会うことに。

「翼さんからSTYLERの説明を聞くと、発展性を感じました。僕は昔からユーザーの立場をうまくインターネットに組み込んでサービスを作っていきたいと思っていたんです。結構ファッションって、ユーザーが求めている解答が見つかりにくいことが現状だなと。このサービスを通じて解決するというのは面白いなと共感したんです」

意気投合し、初めて会った翌週には働き始めた。

そんな流れで入社した小嶋さん。実際に入ってみた会社の印象はどうですか?

「前職でサービスを作ったときに、ファッション関係者からいろいろ教わっていました。ファッション業界だと“模倣の文化”があって、他人のアイデアに対しても割と寛容的だとか。そういうところを含めて柔らかいというか、自由度の高い業界だなと実感しています。」

工業製品のデザインだと、すべて決められた通りに、しかも正確にやらないといけないことが多いそう。また、手続きがやたら多くて、何か新しい開発をしたいときも、社内で共有して上司の確認を得るということに時間を費やすのだとか。

一方、STYLERでは、事後報告でもOKな場合が多く、共有すると、「なるほどね。いいよ」という感じで寛容的に受け入れてくれる土壌があるようです。

コミュニケーションはファーストネームで

取材中の小関さんと小嶋さんのやりとりでも分かるのですが、コミュニケーションの雰囲気がとってもいい。社員みなさんがファーストネームで呼び合っていることも印象的。創業からずっとなんだとか。

スタイラー2

「これまで日米英の大企業やベンチャー企業で仕事をしてきました。そのなかで感じたのは、やっぱりファーストネームで呼び合う文化の方がいいんですよね。また、スタートアップだといろんな年齢や職位の人がいるので、あまり年齢や性別、職位とか気にしているとカルチャーとしてよくないんですよ。その最初の一歩として、“ファーストネームで呼び合う”っていうがいいんじゃないかなと」と小関さん。

まさにその通りで、オフィスには穏やかな空気が流れていました。

ただ、仕事は楽しいことだけではない。大変だからこそ、楽しかったり、やりがいを感じることもあります。逆に仕事で大変なことはあったんでしょうか?

「最初、予定では9月いっぱいでアプリを作るとか、結構無茶なスケジュールだったんです。最初からフル回転しないと到底間に合わないなぁ、と思っていたら、意外と夜、翼さんから『時間ある?飲みに行かない』と(笑)最初の1週間は、「大変」というより毎日飲みに連れて行かれて業務がほったらかしになって、やらなきゃいけないことに対して、思うように時間が取れなくて焦りましたね。」

ただ、これは小関さんの配慮。うまく会社に馴染んでもらうことが狙いだったのだそう。

スタイラー1

そのほかでは、学生(インターン)と一緒に仕事をするのに、なかなか慣れなかったそう。スタートアップのベンチャーだと、手が足りず、学生の力を借りることが結構あります。

現在のエンジニア系メンバーは、小嶋さん以外は学生さんで、仕事は完全にリモートで行っているのだそう。なので、「こうやってほしい」とか「こんなデータがほしい」ということはその場で直接言うことはできません。

また、日中は勉強に忙しく、返信が来るのは半日経った深夜など。作業スピードは上がらないし、誰に何を言ったかなどを全部覚えている必要があるので、精神的な疲れもあったが、最近は、仕事に慣れ、よく回り始めているんだとか。
新しく探しているエンジニアさんもリモートで学生さんと連携することもあるそうなので、そのようなコミュニケーションが嫌いではない方の方がいいかもしれません。

新しいライフスタイルを実現するプラットフォームづくり

最後に、SRTYLERメディア部門のSTYLERMAG 編集長 岩崎佑哉さんにも加わっていただき、求める人材を伺ってみました。

スタイラー4

まずはスキル面。
高くは望んでいないそうですが、ウェブでは「Ruby on Rails」というフレームワークを使っているので、その開発経験があると、嬉しいそうです。

今回のポジションはリードエンジニアのようなポジション。学生メンバーとの関わりも当然出てくる。

「実際に作業するにあたって、仕事を分担するんですよね。『このタスクをやってくれ』となったときに、今は僕が指示を出している。でも、もっと詳しいエンジニアの方がやってくれた方が学生もタスクをしっかり把握できるのでいいですよね」と小嶋さん。

ウェブデザイナーの職域を超えて、エンジニアリングを担当している小嶋さんから、バトンタッチして学生と一緒に仕事を回していく感じのようです。

雰囲気はどんな感じの方がいいのでしょうか?

「STYLERのメンバーは若い人が多いので、20代から30代前半ぐらいの柔軟性のある方がいいですね。フランクな人が多いので、堅い感じの人だと合わないかもしれません。」と岩崎さん

続いて、小嶋さん。
「1番はやる気ですよね、共感してこのサービスを大きくしたいという気持ちがあれば勝手に動くと思うので、それで動けない人は難しいのかなという気がします」

また、ファッション好きは必須条件ではないとのこと。それよりも、このライフスタイルに関するプラットフォームの必要性に共感してくれる方が重要だそうです。

「ビジネスとして共感が大事。むしろ、ファッションはあまり要求されない。こういうサービスいいよねと思ってくれた人の方がいいんじゃないかな」(小関さん)

将来的には、このプラットフォームをファッション以外のライフスタイル分野でも応用していく予定で、そのようなヴィジョンもすでにあるのだそう。ファッション好きよりも、領域問わずにSTYLERのプラットフォームの考え方、サービスに共感できる、可能性を感じてくれるというところを大事にしているようです。

お話をお聞きした三人とも物腰柔らかくてとっても関わりやすい。
それでいて、未来をしっかり見据えていて、考えていることはしっかりしている。
今回は、こんなメンバーの中に新たに入ってくれる人を探しています。

スタイラー6

ライフスタイル×テクノロジー。

まだまだ未知の分野ですが、頑張った分だけ、これからのプラットフォームを自分たちで育てることができるのです。

誰かがやったことのあることではないからこそ、一から自分で生み出していかなければならない場面もあると思います。
それでも未来のライフスタイルを変える新しい時代を切り拓くやりがいのあるお仕事です。
サービスに共感された方は、ぜひ、チャレンジしてみてほしいと思います。

(2015/11/10 重野マコト)

募集要項
活躍してほしい(仕事内容)
STYLERはファッションと”つながり”を持つことにより、ファッションをより楽しく、そしてユーザーの生活をより豊かにすることを目指しています。現在、O2Oを目指したコミュニケーションプラットフォームのアプリケーションを一緒に作り上げてくれるエンジニアを募集しています。詳細はこちらからご確認ください。
こんな方を歓迎
・ユーザーの生活にインパクトのあるサービスを開発したい!
・スタートアップでエンジニアとして働いてみたい!
・新しいサービスの立ち上げに関わりたい!
・メディア業界に興味がある!
必須スキル
言語 : Swift,Ruby on Rails, Physon, html5, css3
チャットツール : Slack、ドキュメント共有ツール : esa、ソースコード管理 :Github
インフラ : AWS
雇用区分
正社員
勤務地
明治神宮前
勤務時間
10:00〜19:00時(休憩60分)
給与・年収
正社員:経験に応じ、応相談
休日
土日祝日
本社所在地
東京都渋谷区神宮前六丁目28番9号
設立年月日
2015年3月
代表者
小関翼
事業内容
アパレル店舗へのO2Oを目的としたコミュニケーションプラットフォームの企画、運営。
関連リンク
受付は終了しています
この記事をシェアする
会社概要
スタイラー株式会社
アパレル店舗へのO2Oを目的としたコミュニケーションプラットフォームの企画、運営。
従業員数
平均年齢
この記事をシェアする
スタイラー株式会社
アパレル店舗へのO2Oを目的としたコミュニケーションプラットフォームの企画、運営。
従業員数 /平均年齢
スタイラー株式会社
アパレル店舗へのO2Oを目的としたコミュニケーションプラットフォームの企画、運営。
従業員数 /平均年齢