ディレクター募集
その“先”を考えて、つくる
新しい発想を活かし合って全体像を描くWebディレクター
04
ディレクター募集
その“先”を考えて、つくる
新しい発想を活かし合って全体像を描くWebディレクター
株式会社シグナル
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「どうしたら、お客さんが気持ち良くファンになってくるだろうか。」

プロモーションを考える上で、この視点は欠かせない視点だと思います。

これはコンテンツ制作において欠かせない視点でもあります。要望があったものを制作するのではなく、その先まで考えて全体の流れを設計していく。

そんな全体観を持って、一つの案件に関わることを大切にしているWebディレクションチームが今、一緒に働いてくれるWebディレクターを探しています。

今回紹介するのはvectorグループの株式会社シグナル。

01

(シグナルはvectorグループの子会社の一つです。)

シグナルの母体はPR会社。新しいことを応援し合える風土の中で4年前に生まれたのがPRの視点を持った制作業務を担当するコンテンツ制作部。

ディレクションだけでなく、ときには、プランニングやプロモーション企画も。

様々な視点を持ってコンテンツ制作に関われるからこそ、意味のある仕事が生まれる。

そんなディレクターになりたい方はぜひ読んでみてください。

 

一人ひとりの強みが未来をつくっていく

訪れたのは、青山一丁目駅、赤坂見附駅、赤坂駅のちょうど3駅からの真ん中にある高層ビル。このビルに株式会社シグナルがあります。

壮麗なエントランスをたずね、迎えてくれたのは、今回ディレクターを募集されているコンテンツ制作部のディレクションチームのリーダーを務める島田(シマダ)さん。

02

まずは、この会社に入られるまでの経緯をお聞きしました。

「もともと何かを作る仕事に興味をもっていた」という島田さん。

新卒で広告代理店に入社し、3年ほど営業として働いていました。その際にWeb制作部の人とのやりとりからWeb領域に興味を持ち始め、転職。次の職場で1年ほど働いたところで、あらためて、シグナルに転職され、7年目となる。

ただ、元々入られたときはWebの事業部はなかったのだそう。どのような経緯でコンテンツ制作部ができたんでしょうか?

「シグナルは、当時はクチコミをどのように作るか、ということを考え、実行する会社でした。主にブロガーさんとのリレーションを活かしてブロガーイベントやブロガーサンプリングなどを行っており、特にブロガーイベントについては日本で一番多くやっている会社で、僕もブロガーイベントの提案とかをやっていたんですけど、ある日、「webサイト、つくれない?」という話があって。」

前にも経験があったので、「できますよ」とお答えし、徐々に仕事が広がっていく中で、ビジネスの将来性が見えてきて、上長に「web事業やってみない?」と声をかけられた島田さん。そこで、当時盛り上がりを見せてきたSNSビジネスも含み込んでコンテンツ制作部を立ち上げた。最初は島田さん一人でやっていた部署も、現在は大きく制作とディレクションの2チームに分かれ、全体としては15人ほどの部署になっています。

最初一人でやりはじめるとき、大変なこともあったかと思いますが、実際やってみてどうだったのでしょう?

「お客さんの要望を聞いて、目的に合致するものをちゃんと提案して、それをつくるというところが最初は大変でした。うちの場合はwebサイトだけでなく、キャンペーンをどうやって広めるか、というところまでのプランニングの部分を実施していますので、そこが非常におもしろいところだったのですが、とにかく最初は本を読みふけったり、いろいろな方にお話を聞きに行ったりしました。でも、現在ではそれがとても楽しく、自分たちらしさ、というものを作れたかなと思っています。」

「ちなみに全部やるっていうのは、このグループの結構前からの文化ですね。常に新しいことを学ぶ必要性がありますが、面白い!ということはどんどんやってよし、と上長に言われ続けてましたし。」

だからこそ、メンバーには強みを少しづつつくって欲しい、という思いも島田さんにはあるのだそう。

「普段はディレクションやりながら、自分を強みを活かした新しい企画とかサービスをつくりたいんですけど、と考えている人がいたとして、そのアイデアを活かしていくと次に部として新しく何ができるだろう?と考えるのはすごくおもいしろいですね。」

「僕がwebの部署を作ることができたように、いま僕の下にいるメンバーにもそういう経験をさせてあげられたら、きっと楽しいと思います。これはグループ全体の風土かもしれないですね。」

自分の仕事に加えて、普段から新しいことに興味を持ち、そのことをメンバー同士で共有していくことで、それがチームの次の可能性の種になる。そんな風土がシグナルのコンテンツ制作部にはあるかもしれません。

 

失敗の原因を追求するのではなく、一緒に次へ

次に、コンテンツ制作部で働くディレクターの寺尾(テラオ)さんにもお話を伺った。新しく入られる方にとっては先輩にあたる方です。

03

どんな経緯でシグナルへ?

「大学時代はコンピュータやメディアに強い大学でメディアが与える影響について勉強していました。ただ、webの業界に興味があったので、就職のときはそちらを希望して制作会社に入りました。」

その後、入社した会社で働くが、現場のスピード感を感じられなかったのと、自分自身が制作畑でガツガツやっていくタイプではない、とも感じたこともあり、今度はディレクターとしてwebに関われれば、とシグナルに入社した。

入ってみて、どうでしたか?

「母体がPR会社なので、制作して終わりっていうよりは、その先のこと、どういう風に広がっていくかってところをしっかり設計してチームでやらせてもらえることは、毎回勉強になるなと思いますね。」

先のことを考えた上での制作。一気通貫してやれるところにシグナルの魅力がありそうです。ここで一つ、具体的な案件のお話を教えていただいた。

「今ではガイドライン上実施はできないのですが、少し前まで、Facebookページのファンを獲得するためにプレゼントを用意し、応募するためにはページにいいね!押してください、といったキャンペーンが多くありました。その当時のお話なのですが、そのとき、クライアントであるアパレル企業さまからは、もう少しブランディングを崩さずにいいファンを集めたいという要望がありました。秋冬のカバンのコレクションに際してのファンを増やしたい、というオーダーだったんですが、「どうしたらお客さんが気持ちよくファンになってくれるかなぁ」ということを考えて、カバンごとにイラストや小説を使ってストーリーをつくり、そのストーリーに投票をいただくことでファンを集める、というFacebookアプリをつくらせていただきました。結果、無事ファン数も稼げましたし、実際に読んでジーンとするようなストーリーがあったり、ファンの方にもたくさんのご感想をいただいて、すごくいいものが見せられたと思います。自分としても制作チームやイラストレーターさんにも支えられているな、と感じられる仕事だったので印象に残っていますね。」

04

話を聞いているだけでジーンとくるお仕事のお話でしたが、そんな仕事づくりが普段から取り組めるシグナル。実際、どんなふうに仕事を進めているのでしょうか?

「案件にいただいた際、今回どういうキャンペーンを行うのか、どういう層がターゲットか、という具体的な目標設定を共有して、そのテーマに関して関心の高いスタッフ、たとえば女性系のものだったらターゲット層に合致する女性が集まってブレストをする、という形でアイデアを生み出すことが多いです。自分がアカウント担当一緒にお客様を訪問し、直接提案させていただいたりすることも多く、外出が続くことも珍しくないです。」

一言でディレクターといっても会社によって仕事内容の幅は広い。その中でもシグナルのディレクターは、アカウント、プランニング、プロモーションの要素も色濃く入っている感じがします。実際に入られる方も独り立ちしたい!ぐらい学ぶ意欲の強い方だと、経験豊かでなくても歓迎だそうです。
最後に、コンテンツ制作部の制作チームでコーダーとして働いている村山(ムラヤマ)さんにもお話を伺った。ディレクションチームは制作部署の方と案件ごとに臨機応変に連携して、仕事をしていくことになります。

05

専門学校で情報処理を学び、サーバーの運用監視の会社に入社。2年ほどして、アパレル業界に転職し、ショップ店員、ECサイトの立ち上げ・運営を経験。その後、独立して自身でアパレルのECサイト事業を行う中でプロモーションの重要性を実感し、プロモーションまで考える制作というところに魅力を感じ、シグナルへ入社した。

入ってみて実際どうでしたか?

「空気感が割とゆるい感じがあるなぁ、っていうのがあって、あと、人がものすごいいいなぁ、って感じはしますね。」

人がいい。

「はい。ミスって誰でもしちゃうと思うんですよね。でも、そこで、ミスしても次のことを前向きに考える人ばっかりだなぁ、って思いますね。なんか、ミスしたことに対して、ものすごい追及するだけって会社、世の中いっぱいあるとは思うんです。シグナルだと、そこは反省するだろうから、次に進めていこうっていうのが結構伝わってきますね。」

この点は寺尾さんも共感する。

「結構、アツい人が多いですね。ミスを上司から注意されたりっていうことはもちろんあるんですけど、その後に、すぐに仲良くなっているのが、いろんなチームから伝わってくるかなって感じますね。なんかいろいろな出来事を乗り越えて、すぐいい仕事ができるような環境になっていっているのかなぁ、とは思います。」
実際に寺尾さんが過去に失敗してしまったときは、島田さんがフォローでご飯に連れて行ってくれて、そこでアツい話をして親睦を深めることもあったのだそう。

 

やってみたい、を実践する人

そんなシグナルでの今回のディレクターの募集。どんな人に来てほしいかを聞いてみました。

06

まずは、村山さん。

「新しいことも含めて、いろいろなことをやる会社なので、毎日覚えることがあって、それが楽しい会社です。ですので、どんどん吸収したいというか、いろんなことを盗みたいと思っているんで、そういう人には最高の環境かなぁ、とは思っていますね。」

次に寺尾さん

「新しいものとか情報をキャッチするのが好きな人っていうのは大前提になるのかなぁ、と。情報であったりとか、SNS一つとっても、毎日新しいものや仕組みが出てきます。常にそういう情報をキャッチすることが好きな人が向いていると思います。あと、個人的には、受け身じゃなくて、自発的にいろいろできる人の方がいいのかなぁと。例えば、ディレクターだけど、お客さんのところに行ってみたいとか、ちょっと営業マインドのある人の方が、チームにスパイスとして入るのはいいかなぁ、と思いますね。」

最後にあらためて、島田さん。

「一言でいうと、仕事がおもしろいと思っている人に来てほしいです。たぶん、みんなweb業界にはいるときは、こういうふうなのをやってみたいんだよ、ってのを思っていたと思うんですよ。それを実践したいなぁ、と思っている人に来てほしいです。現状からちょっと飛び出してみたい人は大歓迎です。そんなに経験が豊富でなくても、一緒に成長できるようなロードマップを組んで、一緒に仕事やっていきたいなぁ、と思っているので、あまり肩肘張らずにうちの会社に受けにきて欲しいなぁ、と思っています。」

PR会社として積み重ねてきた基礎的な考え方やノウハウを大切にしながらも、既存のやり方や考えにとらわれず、その場で一緒に働いている人の発想やアイデアを大切に活かしあって、クライアントの案件に応えていったり、自分たちのこれからをつくっていく雰囲気をお話の中で感じました。

もし、現状から飛び出して、もっといろんな視点でWeb業界の仕事をしていきたい、新しいことを実践していきたい、という方には活躍できる会社かと思います。

シグナルでの働き方に心が動くところがあれば、まずは一度訪ねてみてはいかがでしょうか?

(2016/02/19 中岡 晃也)

募集要項
活躍してほしい(仕事内容)
Webディレクターとしてプロジェクトの企画立案、制作チームの進行管理や予算管理をお任せします。
◆サイト制作を含むオンラインコミュニケーション全体の企画立案
◆サイト制作ディレクション
◆サイトのアクセス解析と改善提案
◆サイトの運営と定期更新作業
◆市場調査、マーケティング など
こんな方を歓迎
・将来的にプロデューサーを目指す方
・Web業界でやってみたいことがある方
・常に最新技術や表現に興味を持って取り組める方
・チームでの制作が得意な方
・積極的かつ論理的な提案を行える方
必須スキル
・Webディレクター経験1年以上
・Webサイト構築、デジタルマーケティングに関わる基本的な知識
・提案書や企画書作成経験
・最近のウェブのトレンドに対する知識、興味
雇用区分
正社員(中途)
勤務地
東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F
勤務時間
10時00分~19時00分(休憩60分)
昇給・賞与
業績に応じて年2回(4月・10月)
休日
週休2日制、夏季休暇、GW休暇年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇
保険
健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金、その他
求職者へのメッセージ
担当していただくのはクライアントのウェブサイトの新規制作や運用業務のディレクション。
様々な業種のクライアントとお付き合いさせていただいていますので、きっとあなたのアイデアを活かすことができます。
さらに、やりたい!と思えばウェブ制作ディレクション以外にも、キャンペーン、プロモーション全体のプロデュースなどにも挑戦可能です。
本社所在地
東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F
設立年月日
2005年12月
代表者
草場 大輔
事業内容
総合PR代理業の独立系企業集団として最大手のベクトルグループ。「世の中に“良いモノ”を広めたい」というコンセプトをぶらさずに持ち続け、企業の商品やサービスの最良なるメディアコミュニケーションサービスを追求しています。
株式会社シグナルは同グループ子会社で、webに特化したPR・プロモーションのコンサルティング事業や、webサイト・SNS(Facebook・twitter等)活用の企画提案・運営、ブログ等のプロモーションなどを行っています。
クライアントとなる企業は業界はナショナルクライアントが中心です。
関連リンク
受付は終了しています
この記事をシェアする
会社概要
株式会社シグナル
総合PR代理業の独立系企業集団として最大手のベクトルグループ。「世の中に“良いモノ”を広めたい」というコンセプトをぶらさずに持ち続け、企業の商品やサービスの最良なるメディアコミュニケーションサービスを追求しています。 株式会社シグナルは同グループ子会社で、webに特化したPR・プロモーションのコンサルティング事業や、webサイト・SNS(Facebook・twitter等)活用の企画提案・運営、ブログ等のプロモーションなどを行っています。 クライアントとなる企業は業界はナショナルクライアントが中心です。
従業員数
平均年齢
この記事をシェアする
株式会社シグナル
総合PR代理業の独立系企業集団として最大手のベクトルグループ。「世の中に“良いモノ”を広めたい」というコンセプトをぶらさずに持ち続け、企業の商品やサービスの最良なるメディアコミュニケーションサービスを追求しています。 株式会社シグナルは同グループ子会社で、webに特化したPR・プロモーションのコンサルティング事業や、webサイト・SNS(Facebook・twitter等)活用の企画提案・運営、ブログ等のプロモーションなどを行っています。 クライアントとなる企業は業界はナショナルクライアントが中心です。
従業員数 /平均年齢
株式会社シグナル
総合PR代理業の独立系企業集団として最大手のベクトルグループ。「世の中に“良いモノ”を広めたい」というコンセプトをぶらさずに持ち続け、企業の商品やサービスの最良なるメディアコミュニケーションサービスを追求しています。 株式会社シグナルは同グループ子会社で、webに特化したPR・プロモーションのコンサルティング事業や、webサイト・SNS(Facebook・twitter等)活用の企画提案・運営、ブログ等のプロモーションなどを行っています。 クライアントとなる企業は業界はナショナルクライアントが中心です。
従業員数 /平均年齢