営業・企画募集
スモールビジネスをクラウドでサポートする"freee"のサービス
異業種からの転職。「クラウドって何?」から始まった。
IMG_5600-1_TOP
営業・企画募集
スモールビジネスをクラウドでサポートする"freee"のサービス
異業種からの転職。「クラウドって何?」から始まった。
freee 株式会社
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるように」というミッションを掲げるfreee 株式会社。2012年に設立されて以降、クラウド型の会計ソフトや給与計算ソフト、会社設立支援、マイナンバー管理のサービスを開発・提供し、注目を集めています。
今回お話をお聞きした成田美和さんは、2016年5月にアパレル業界から転職し、現在は同社の法人セールスの部隊で活躍しています。「ここなら自分が変わることができると思った」と語る成田さん。彼女が成し遂げた異業種からの方向転換は、一体どのようなものだったのでしょうか。

  • IMG_5670_PRO
  • 成田 美和さん
    【法人セールス】
    1988年生まれ。滋賀県出身。大学時代は地域活性化を主とした映像制作や地元イベントの運営に携わる。一方で、人の内面の魅力を引き出すパーソナルカラーやスタイリングにも興味を持ち、色彩検定1級やパーソナルカラー、イメージコンサルティングの資格を取得。
    卒業後は婦人服アパレルの会社に就職し、店長兼エリアマネージャーとして名古屋エリアを担当し、社内初のファッションショーを企画。
    2016年5月に同社へ転職。現在は法人セールスチームに所属している。

スモールビジネスに携わる人々を電話でサポート

IMG_5624-1

まずは、成田さんの現在のお仕事内容について伺ってみました。

成田「弊社では、経理や給与計算などスモールビジネスをしている方が抱えているバックオフィス業務を効率化するサービスをクラウド型のソフトで提供しています。私が所属している法人セールスチームでは、freeeにご登録いただいた法人のお客様の状況をお聞きし、悩み事や疑問に対して『freeeだったらこんなふうに解決できます』とご提案やご案内をしています」

メインプロダクトである会計ソフトは、リリース当初、個人事業主の人々を中心にSNSで話題が広がりました。現在は会計ソフトだけでなく、給与計算や法人化する際の書類作成など、スモールビジネスに携わる人々の煩雑な作業をクラウド上で幅広くサポートしています。

ドリンクバーにお弁当の支給。豊富な福利厚生で楽しく働くことができるオフィス

IMG_5642-1

フロアに入って目に飛び込んできたのは、卓球台やトレーニングマシーン。こちらは、社員であれば誰でも自由に使うことができる、リフレッシュスペースだそうです。また、ドリンクバーコーナーや広々としたラウンジも用意されています。各フロアに福利厚生のスペースを設置するのではなく、あえてワンフロアにまとめて設置することによって異なる部署の社員同士の交流の場にもなっているようです。

ー実際に、こういった福利厚生を活用してみた感想は……?

成田「最高ですね(笑)社員にはお弁当が無料で支給されるのですが、20〜30種類のお弁当が用意されていて、毎日好きなものを注文することができるんですよ。ドリンクバーコーナーにはシリアルやカップ麺も用意されていて、自由に食べることができます。ラウンジでは他の部署の人たちとも顔を合わせることも多く、退勤後に夕飯を食べてから帰る人もいますね。ワークライフバランスというよりも、プライベートと仕事を明確に線引きをしすぎない『ワークライフインテグレーション』が弊社の特徴だと思います」

IMG_5634-1

全社員参加の立食パーティーや、チーム対抗の卓球大会が開催されるなど社員同士の交流の場も多く設けられています。また、社内にはボルダリング部やボードゲーム部をはじめ、様々な部活が存在し、趣味を通して交流する場にもなっているようです。業務外も含めた多くのコミュニケーションから、仕事の生産性が上がり、会社の成長にも繋がっていくと考えられています。

成田「実は今、自転車部に入部しようかと考えているんです。しまなみ海道を自転車で走る企画に誘ってもらったんですが、すっごく楽しくて! 中古のロードバイクを買おうかな、と前向きに検討しています(笑) 入社したばかりの頃は、社内の立食パーティーなどはドキドキしながら参加しましたが、色々なイベントや活動から派生して新たな仲間ができることもあります」

名古屋から夜行バスに乗って東京へ。思い描いていた自分に変わるための転機

IMG_5609-1

以前は名古屋のアパレル業界で働いていたという成田さん。転職のきっかけは何だったのでしょうか。

成田「以前の仕事も好きでやりがいがあったんですけど、このままでいいのかな? と感じている自分がいたんです。自分が思い描いていた28歳の姿とは違うなとも感じました。漠然とですが『私はずっとここにはいないだろうな』と思っていました」

ミセス向けの商品を扱うアパレルブランドに新卒で入社し、店長やエリアマネージャーを務めた後、6年目で転職を決意したそうです。

成田「扱っている商品も、社長の考え方も好きだったのですが、店舗という狭い世界で働いていると、従業員のモチベーションにも差が出てくるんです。そういう時に、会社から認められている、求められているというメッセージがあると奮起するきっかけにもなるのですが、いくら現場で社員にモチベーションが上がるような働きかけをしても現場レベルでは限界がありました。尊敬していた先輩や期待していた後輩ばかりが1〜2年で辞めていってしまい、切ない思いをしたことが何度かあります。会社の体制や環境を何とか変えられないかと考えましたが、私一人の力では会社全体を変えることは到底できませんでした。そんなもどかしい思いを抱え、何かを変えたいと思っていたときにfreeeのことを知ったんです。」

当時は、名古屋に住んでいた成田さん。でも、思い切って東京のオフィスに足を運んでみることにしました。短期間で急成長を遂げているfreeeのことを知り、「ここなら変われるかもしれない」と感じたそうです。

成田「ここなら共感できるかも、面白そうと思ったんです。不定休のアパレルでは連休を貰うことが難しいため、夜行バスに乗って東京へ向かいました。きっと何かを突きつけられて帰ってくるだろうな、自分の人生を見直す何かを得られたらいいな、という気持ちでした。実際にオフィスを訪ねてみて驚きました。何者か分からない私のために、各役員がじっくりと向き合って1時間も面談をしてくれたんです。すごい会社だなと思いました。なにより、スモールビシネスで働く人が創造的な活動にフォーカスできるようにする、というミッションに共感しました。アパレル時代から漠然と『頑張っている人や良いものがちゃんと認められる社会になったら』と思っていて。私自身は大きな何かを作り上げたり成し遂げたりはできないけれど、freeeを知ってもらう仕事を通じて、スモールビジネスの方々が頑張った分が、きちんと評価される社会を作ることができると思えたんです」

“お客様が明日から幸せになるお手伝い“はアパレルと同じ

IMG_5690-1

入社を決意した成田さん。名古屋から東京へ引っ越し、まったく異業種の世界に飛び込みました。そこには、どんな苦労があったのでしょうか。

成田「苦労はたくさんありました。まず『クラウドってなんだろう?』というところからスタートしました。経理の知識もなかったので、勉強しようと色々なものに手をつけたら余計に分からなくなってしまったり……。でも、クラウドや経理のことを知らずにサインアップしてくださるお客様も多いので、より近い視点に立ってご提案やご案内ができるという部分は強みでもありますね」

店頭で接客をしていた時とは違い、お客様は電話の向こう側。顔の見えない相手とのやりとりにも戸惑ったそうです。

成田「店頭でお客様に『いらっしゃいませ! 』とお声掛けをする仕事をしていたので、オフィスワークは初めてでした。電話での営業活動なので、インカムをつけて話すのですが、最初は声の大きさが分からなかったんです。慣れない時は、隣の人のマイクに自分の声が入ってしまったことも……。言葉だけで伝えるって難しいんだなと壁にぶつかりました。」

初めての仕事のスタイルに戸惑いながらも、成田さんの武器になったのはアパレル時代の経験でした。

成田「目の前のお客様がどんなライフスタイルを送っていて、今はどういう状況で、何に困っているのかを知り、どういう風に解決していけば良いのか考えることがいちばん大切だと思っています。その時に問題解決をしたノウハウが次のお客様の対応にも活かせるので、分からなかったことは必ず記録するようにしています。セールスというと、バリバリお客様と交渉をしていくようなイメージがあったのですが、本質はアパレルと同じで目の前にいるお客様に向き合っていくことだと感じました。前職では、自分のブランドを通してお客様のライフスタイルが明日から幸せになったらいいなという思いでやっていました。今も、お客様の期待以上のご提案ができて喜んでいただけた時は、とても嬉しいですね。こういうマインドは忘れずに持ち続けたいと思います」

思い切って環境を変えることが、自分を変える第一歩

IMG_5648-1

引っ越しに転職、大きな環境の変化を経験しながらも新しい道を切り開いていった成田さん。不安はなかったのでしょうか。

成田「実家は関西にあるので、名古屋にいた時はすぐに帰れる距離だったんです。さらに名古屋でもコミュニティが出来始めてきた頃だったので、迷いがなかったわけではありません。正直なことを言うと、インターンを3ヶ月やって無理だったら、コーヒーの美味しいカフェでアルバイトをしようかな、とも考えていました(笑) ゆくゆくはカフェをやりたいな、とも思っていたので。でも、働くうちに楽しくなっていき、辞めようとか関西に戻ろうとは思いませんでしたね。東京に住むという不安もありましたが、来てみたら意外と住めるなと分かりました(笑)」

自分を変えたいと思った時は、環境を変えることがいちばん早い方法。失敗したとしても、挑戦したことは後悔しませんから」と語る成田さんは、一人暮らしを始めてから心掛けていることがあるそうです。

成田「友達から『人となるべく会ったほうがいいよ』というアドバイスを貰ったので、なるべく人と会うようにしています。以前、東京のセミナーで会ったことがある人に声を掛けたり、休みの日も一人で過ごすより外に出てコミュニケーションを取るようにしています。先日、近所のラーメン屋に入ったら、お店のおじちゃんが『食べ物に困ったらうちに来な』と優しく声を掛けてくれました。そういう人との繋がりを大切にしていきたいですね」

最後に、今後の目標について伺いました。

IMG_5615-1

成田「スピード感を持って、短期間で成長していくことを目標にしています。凄く苦手なことではあるのですが……(笑)それから、「やりたい!」と思ったことに出会ったら、いつでも動けるようなフットワークを身につけておきたいですね。freeeは短期の目標設定がありスピーディーに成長していく会社なので、そこについていけるように、常に挑戦していきたいと思っています。そして、何歳になっても、どこにいても自分にとって大切な人に必要としてもらえるような強みを持っていたいです」

多様な働き方が注目されている現在、スモールビジネスを支えるfreeeのサービスは、今後さらに需要が高まっていくことが予想されます。勇気を出して「変化」と「挑戦」に踏み切った成田さんの姿は、これから新たなことを始めようとしている人々にとって、勇気づけにもなるはずです。思い切って、freeeで次のステップを踏み出してみませんか。

(2017/02/28 佐藤愛美)

募集要項
仕事内容
「見込み顧客のバックオフィス体制のコンサルティングを通じて、自社開発の全自動のクラウド会計ソフト・給与計算ソフトの価値を世の中に届ける、法人セールスチームの中核メンバーを募集します。

■業務内容
・ 当社が提供するクラウドサービスの法人向けコンサルティング営業
・ セールスマーケティング施策(ユーザー行動分析、マーケティング施策、イベント運営)の企画立案と実行
・ 数値分析に基づいた営業戦略立案と実行
・ 開発部隊へのプロダクトフィードバック
・ 新規ユーザー獲得イベント等の企画立案と運営」
歓迎スキル
以下いずれかに当てはまる方を募集します

■営業経験有り
■インターネットや新しいテクノロジーが大好き
■経営あるいは企業のバックオフィス業務(会計等)に興味・関心がある
■日本の中小企業の対してなんらかの問題意識を持っている
雇用区分
正社員
勤務地
東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F
給与・年収
面接を通じて決定・要相談
休日
完全週休二日制(土・日)、国民の祝日、年次有給休暇、慶弔休暇、年末年始
待遇・福利厚生
査定年2回、交通費全額支給、住宅手当、資格取得支援制度、社内表彰制度、ドリンク飲み放題、夕食(約20〜30種類から選べるお弁当)無料支給、その他軽食(カップ麺・シリアル等)食べ放題
本社所在地
東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F
事業内容
クラウド型会計ソフトの開発・運営
関連リンク
受付は終了しています
この記事をシェアする
会社概要
freee 株式会社
クラウド型会計ソフトの開発・運営
従業員数 270人
平均年齢 31歳
この記事をシェアする
freee 株式会社
クラウド型会計ソフトの開発・運営
従業員数 270人/平均年齢 31歳
freee 株式会社
クラウド型会計ソフトの開発・運営
従業員数 270人/平均年齢 31歳