エンジニア募集
球場も古民家も遊園地もシェアする時代へ
スペースマーケット運用エンジニアが語る、自社サイト開発の魅力
12828450_10208475054493345_3626872706410877520_o
エンジニア募集
球場も古民家も遊園地もシェアする時代へ
スペースマーケット運用エンジニアが語る、自社サイト開発の魅力
株式会社スペースマーケット
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スペースマーケットとは?

508b673537ec821ab8fa743bc55940c1

スペースマーケットは、世界中のあらゆるスペースを簡単に貸し借りできるプラットフォームです。

借りる事ができる場所は、オフィスやカフェだけでなく、オフシーズンの球場や平日の結婚式場、古民家や帆船、遊園地などバラエティに富んでいます。

映画館で社員総会や、お寺でキックオフミーティングなど、「こんな場所でこんなことができるの!?」と驚いてしまうような場所を1時間単位で借りることができます。

sm1-2

2014年4月にサービスを開始した同社は1年弱で急成長し、レンタル可能な場所がサービス開始時の120箇所から5000箇所に増加。現在は30名のメンバーが働いています。

何事にも縁の下の力持ちは存在するもの。オーナーと借り主間の交渉や予約、決済まで、すべてオンライン上で行うことが可能なwebサイトとアプリを動かしているのは、同社のエンジニアチームでした。

今回は、スペースマーケットでUXデザイン部リードエンジニアとして働く小林春彦さんを中心に、CTOの鈴木さんにもお話を伺いました。

 

「自分一人でサービスのすべてを作りたい」

 

  • pro2
  • 小林 春彦さん
    【エンジニア】
    1982年埼生まれ。埼玉県出身。2005年ヤフー株式会社に新卒として入社しYahoo!Days、Yahoo掲示板などソーシャルサービスの開発/運用エンジニアとしてサービス開発に携わる。プラットフォーム開発部門に異動後、ヤフー全体で利用されるミドルウェアの立ち上げ・開発に従事。2011年にヤフー退社後、シアトルに本社がある外資系企業のRealNetworksに入社。リードソフトウェアデザインエンジニアとして動画共有サービスRealPlayのローンチに従事する。2014年8月より株式会社スペースマーケットに入社して今に至る。

ヤフー株式会社ではWebエンジニアとして、PHPとC++でウェブサービスのバックエンドの開発、保守をしていたという小林さん。ヤフーに7年間勤め、エンジニアとして次のステップに進むため、リアルネットワークスに転職。AWSとRailsを使って動画配信サイトのフロントエンドとバックエンドの開発を担当。外国人エンジニアが在籍する環境で、オープンソース・ソフトウェアへの貢献や、英語力も身につけました。

その後、スペースマーケット社CTOの鈴木真一郎氏がヤフー時代の同僚だったこともあり、「自分一人でサービスのすべてを作れるようになりたい」という思いから、2014年の8月に同社に転職します。

大手企業や外資系企業でキャリアを積み、全てのウェブサービスとモバイルアプリの開発ができる環境だと聞いて同社に参画した小林さん。転職した現在は、どのようなことにやりがいを感じているのでしょうか?

「一番面白いのはユーザーとの距離が近いこと。業務の中でユーザーが直接触れるWebサイトのUXを手がけています。そのため、自分の書いたコードが良くも悪くもユーザーに大きな影響を与えられることが面白く、やりがいになっています。例えば、サイトのボタンは大きさやデザインが変わるだけで、クリック率が変わるんです。弊社はアプリもリリースしていますが、フリックした時の動きの滑らかさが違うだけでユーザーの反応が変化するんですよ。やりだすと『ここはイケてない』『ここはもっと良くなる』と手が止まらなくなって、まるで職人のような気分です(笑)。クリック率や滞在時間など、変更した箇所の効果を分析しながら、自らUXをデザインし、日々改善していくことは、スタートアップならではの面白さだと思います」

大企業のエンジニアの方に話を聞いてみると、「大きなプロジェクトでは分業化が進みすぎていて、自分が何のために、何を作っているのか分らなくなることも多い」と聞きます。一方、同社では、課題や改善点の設定から、開発、ユーザー行動の分析まで、PDCAのサイクルを回すことができる環境だそうです。

DSC_1899

「こういうことを言うと誤解されてしまうかもしれないんですが、今は休むより働いていたいと思うことが多いんです。もともとエンジニアは好きな仕事で、布団の中でコードを書いてしまうほどですが、エンジニア主導でプロダクトを作っている実感を感じられること、大手と違ってバックエンドやフロントも全部経験できること、それに伴い、エンジニアとして腕が上がっている実感を感じられることなど、弊社の環境だから経験できるものが、私のモチベーションを上げてくれています」

手がけた案件の成功例として、小林さんが一番印象に残っているのは、同社のサイトのレビュー機能のリニューアルです。

レビュー機能とは、サービスを提供する側と提供される側がお互いにサービスの質を評価し合う口コミ機能です。同社では「場所を貸す人」と「場所を借りる人」がお互いに評価を行い、それを見た他のユーザーが、どの人に貸すのか?どの場所を借りるのか?を判断する指針にするのです。

オークションサイトやAirbnbなど、ユーザー同士のやりとりが直接行われるサイトにおいて、レビュー機能はサイトの利用率や信用度を測る指針として重要な役割を担います。

小林さんは、リニューアルにあたり、書き込みができる期限をつくり、レビューを書かないと相手のレビューが見れないようにシステムを変更しました。結果、レビューが書きこまれる数は今までの10倍になったそうです。

「あの時は興奮しました。自分達の設計したものが人の行動を変えたんです。うまくパズルが解けたときのような気持ち良さに似ていましたね」当時のことを思い出して話す小林さんの表情はとても活き活きしていました。

DSC_1890

 

激務じゃないエンジニア職

小林さんの表情が活き活きとしていたのは、仕事にやりがいを感じているからだけではありません。その理由は働きやすい環境にもありました。

一般的にエンジニア職は激務だと考えられることが多い職種です。

予期せぬシステムトラブルへの対応やクライアントとのやりとり、納期前には残業や徹夜も続き、定時には帰れないという話も聞きます。また、業務の中で常に新しい知識を求めれられるため、業務外での勉強も欠かせないといいます。

DSC_1919

同社は2014年に設立されたスタートアップ。そのエンジニア職となると、相当の激務が予想されますが、小林さんからは「ぜんぜん、そんな事はないんです」と、意外な答えが返ってきました。

同社の勤務制度はフレックスタイム制。現在6名いるエンジニアチームの出社時間は人それぞれで、家庭を第一に、18時半に帰る人もいるそうです。

また、毎週水曜日はリモートワークの日で、自宅作業も認められているそうです。

「コアタイムは11:00~18:00で、朝に弱い僕としてはとても嬉しいです(笑)。フレックスタイムやリモートワークなどの制度は、CTOが満員電車が嫌い、という理由で生まれました。とはいえ、単なるわがままではなく、『長く健康に働ける環境を作ることが、従業員のモチベーションを上げ、結果、良いサービスが生まれる』という価値観に根ざしています」

同社にはオフィスビル内に自由に使えるジムが設けられており、デスクワークが多いエンジニア職の方でも仕事終わりに運動不足を解消できそうです。

20歳から60歳まで働くとすると、就労年数は40年間。働きすぎや運動不足で体を壊してしまったり、それが理由で離職してしまえば、その後選べる仕事も少なくなってしまいます。長く安心して働くことができるという視点で転職先を選ぶことは、長期的に見てプラスになる選択でしょう。

 

営業と開発チームのバランスが取れた風土

旅行業、eコマース、お笑いのマネージャー等、様々な業界から転職したメンバーが集まる同社。その中核となるエンジニアチームと営業チームでは、お互いをリスペクトして働いているそうです。

DSC_1916

同社はCEOの重松大輔氏と、CTOの鈴木真一郎氏が創業した会社です。

CEOの重松さんは法人営業や新規事業開発、プロモーションなどを中心にキャリアを積み上げた方。コミュニケーションが上手で、オープンマインドな体育会系気質です。

一方、CTOの鈴木さんは、大手企業で夏季/冬季五輪などメガイベントの開発、運用のリードエンジニアを経験した方。思慮深く、文科系の気質を持っています。

相反する性質を持つ創業者が、お互いの強みを活かして立ち上げた企業は、チームメンバーが増えても、その性質を残しているようです。

同社は開発にも積極的で、新しい案件にも取り組むことができるとのこと。

クライアントワークは先方の要望で仕様や納期が変わったり、常駐も多いことを考えると、腰を据えて働くことができ、マイルストーンを自ら設定できる自社サービスの開発は、エンジニアにとって、とても魅力的な仕事なのではないでしょうか。

 

CTOを目指すエンジニアへ

インタビューの最後に、小林さんと同席してくださったCTOの鈴木さんから、転職者の方にメッセージをいただきました。

DSC_1898

小林「弊社では、インフラ、バックエンド、フロントエンド、アプリ開発の全てが経験できます。開発だけでなく、UXへのこだわりやビジネスへの理解など求められることは多いですが、一からサービスを作る力を身に付けたい人には最適な環境だと思います。頼りになる仲間を募集しています!」

DSC_1872

鈴木「弊社で日々開発すること、それが事業の発展につながっている実感は、エンジニアチームの多くのメンバーが感じていることではないでしょうか。また私たちの仕事は、自分たちが開発したものが、民泊やシェアリング・エコノミーの文化をつくっていると実感できるものです。自分のコードが文化を作っていく、そんな環境はなかなかないと思います。スペースマーケットでは、「チャンレンジする人を生み出す。世の中を面白くする」というビジョンのもとサービスを提供し、新しい文化を作っていきたいと考えています。そこに共感してくれる方の参画をお待ちしています」

たった2年で急激に成長した同社。Airbnbなどの民泊や、 ANYTIMESなどの家事代行サービス、TimeTicketなどの時間の売り買いサービスなど、シェアリング・エコノミーが身近になり始めた今、同社の成長はこれからも続いていくでしょう。

開発のみにとどまらず、新しい文化を作る同社のメンバーになってみませんか?

(2016/03/15   鈴木 雅矩)

募集要項
こんな方を歓迎
・ユーザーが何を求めているのかを考え、実践できる方
・自社のサービスを成長させていく意欲がある方
・1年以上のプログラミング経験がある方
雇用区分
正社員(中途)
勤務地
東京都新宿区
給与・年収
スキルを考慮のうえ、当社規定に基づき優遇いたします
休日
週休2日制
本社所在地
東京都新宿区
事業内容
インターネット事業会社
関連リンク
受付は終了しています
この記事をシェアする
会社概要
株式会社スペースマーケット
インターネット事業会社
従業員数 25人
平均年齢 27歳
この記事をシェアする
株式会社スペースマーケット
インターネット事業会社
従業員数 25人/平均年齢 27歳
株式会社スペースマーケット
インターネット事業会社
従業員数 25人/平均年齢 27歳